角栓を綺麗に除去する方法

角栓は何故出来るのか

角栓を綺麗に除去する方法はこれ!

日々の洗顔やクレンジングを正しく行っていると、肌のトラブルは起こしにくいものですが、誰もが一度は経験したことがある肌の悩みがあります。それは、毛穴の角栓です。

 

角栓とは、鼻などの皮脂分泌の多い場所の毛穴に見られる小さな突起物のことです。過剰に分泌された皮脂が、古い角質や老廃物、汗と混じりあうことで毛穴に汚れが詰まってしまいます。

 

毛穴の黒ずみの正体も角栓で、突起物が酸化し黒くなることで、黒ずみとして目立つようになるのです。角栓は硬くなっているため、自然に排出されることが難しく、古い角質が溜まり角質肥厚を起こすと角栓はより落ちにくくなってしまいます。

 

ニキビの原因となる角栓

毛穴の汚れが排出されないまま、肌表面に角質が溜まってしまうことで毛穴は閉ざされます。つまり、角栓の出口がなくなってしまうのです。クレンジングと洗顔によって、ターンオーバーが正常に働き、肌の生まれ変わりがスムーズに行われていれば毛穴を詰まらせることはないのですが…
皮脂の分泌が過剰だったり、熱さや加齢により毛穴が開いてしまうと、どうしても角栓がたまりやすくなってしまいます。また、角栓で塞がれた毛穴の中でアクネ菌が繁殖すると、角栓がニキビへと悪化することもあるのです。

 

角栓を作らないためには、毛穴に汚れをためないように日々のクレンジング洗顔を行うことが一番です。特に、クレンジングにより肌の脂汚れを落とすときに、角栓も一緒に溶かし出すよう意識しましょう。


角栓の除去方法

角栓を除去するためには、クレンジングと洗顔を正しく行うことが一番です。正しくクレンジング洗顔する前に、やっておくと効果的なことがあります。毛穴を開かせるという一手間です。半身浴をして毛穴を開かせたり、蒸しタオルで顔をパックしたり詰まった角栓が排出されやすくなるように、毛穴を開いたらクレンジングと洗顔を行いましょう。

 

クレンジングは皮脂汚れをしっかり落とす

クレンジングを優しくマッサージするように肌になじませることで、毛穴の角栓の油分も溶かしてくれます。このとき、汚れを落としたいがために、力をかけてゴシゴシ洗ってしまう人も多くいますが力をかけてはいけません。力を入れて洗うと、せっかく浮かした角栓を毛穴の中に押し戻すことになってしまうからです。優しく角栓を浮かすクレンジングの後は、毛穴を塞ぐ原因となる角質除去のための洗顔をしましょう。

 

脂汚れをしっかり落とすことが出来れば、洗顔による角質除去効果はグンとアップします。丁寧なクレンジング洗顔を日々続けることによって、角栓除去だけでなく、角栓が溜まりにくい肌作りも行えるのです。化粧をしてないときに行うのであれば、オリーブオイルやホホバオイルなどの植物性オイルを使って行ってもOKです。

 

毛穴の汚れを落とした後のアフターケアも大切なので忘れないようにしましょう。化粧水(収れん効果のあるものがベスト)をたっぷりつけて毛穴を引き締めます。冷蔵庫などで冷やしておくのも効果的です。最後に乳液やクリームで蓋をしたら角栓除去が終了です。

 

クレンジングオイル総合サイト

毛穴の汚れをしっかり落としたいなら洗浄力の高いクレンジングオイルがオススメです。

間違った角栓の除去方法

小鼻に詰まってしまう角栓に悩んだときにやってしまいがちな間違った角栓除去方法があります。誰もがやったことがあるだろう間違った角栓除去をご紹介しましょう。

 

間違ってやってしまう角栓除去方法まず1つめは「毛穴をつまんで角栓を押し出す」です。毛穴にポツポツと見えている角栓、毛穴をつまむとニョロニョロと毛穴に詰まっていた汚れが出てきます。確かに汚れを排出することには成功しているのですが、これを続けているとさまざまな肌トラブルが起こるようになるでしょう。毛穴をつまむ刺激により、皮脂分泌がさらに過剰になり角栓がよりたまりやすい状態を招いてしまうのです。また、炎症を起こす可能性もあるため、毛穴が広がることもあるでしょう。

 

毛穴パックは実は肌によくない!?

次に多い間違ってやってしまう角栓除去方法は「毛穴パックをする」です。湿らせたパックを鼻に乗せ、乾いたら剥がす毛穴パック、毛穴を気にする人にとっては救世主のような存在かもしれません。しかし…角栓以外の顔に必要な肌までも一緒に剥がしているのです。無理矢理剥がす行為は、皮脂の分泌を過剰にし、毛穴を開かせ、肌のバリア機能を奪うという肌にとって最悪な行為となるのを頭に入れておきましょう。パックを剥がす刺激により、将来鼻にシミが大量に出来ることもあるのですから。

 

角栓を除去するために皮膚に刺激を与えるのは逆効果です。また、角栓除去のアフターケアもとても大切なので忘れないようにしましょう。せっかく角栓を落とせても、アフターケアをせず毛穴が開きっぱなしになっていては、すぐに新しい角栓が詰まり始めてしまいます。